Hempiness ❤

hemp | nomad | spiritual

お寺に大麻がいっぱい、インドのお祭りシヴァラトリ

インドで毎年3月ごろに行われる、シヴァラトリというお祭りをご存知でしょうか?

f:id:be-hempiness:20200408012417j:plain

 

こちらがシヴァラトリの当日に撮った写真。

白昼堂々、大麻草がガッツリとリヤカーに積まれています。

 

この場所は、インドの首都デリー、パハールガンジのメトロ駅を出たところ。

ラーマクリシュナミッションのすぐ横にちょこんとある、お寺の様子を写真に収めました。

 

場所はこのあたりです。

 

パハールガンジとはインドの中でもっとも有名な、ツーリストの外国人向けの宿泊、ショッピング&スラム街。

タイで言うところのカオサンロードと思っていただければ。

 

非常にごちゃごちゃしています!

どのガイドブックにも、必ず出てくる名前です。

D28 地球の歩き方 インド 2020~2021

D28 地球の歩き方 インド 2020~2021

  • 発売日: 2020/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

シヴァラトリとは? 

シヴァラトリとは

シヴァ=インドの3大神の一人、破壊の神シヴァ

ラトリ=夜

 

ということで、シヴァ神を称える日のこと。レギュラーなものは毎月一回。

 

ただし、12回のうち、パワーが一年のうちで最大化される夜は、マハー・シヴァラトリと呼ばれます。

マハーとは“偉大な”という意味で、他の11回とは違い特別。

インド各地のお寺で、夜通しプージャ(祈祷)をします。

 

太陰暦をフォローしているインドでは毎年2月もしくは3月の新月の前日が選ばれるので、日にちはまちまちです。

新月の前日なので、真っ暗で神聖さを感じる夜です。

 

この日、シヴァ神に捧げものをしてお祈りするのですが

 

その捧げものは、大麻です。

f:id:be-hempiness:20200408011801j:plain

 

捧げ物の大麻草が袋に分けられ

それぞれの家に配られます。


f:id:be-hempiness:20200408011753j:plain


f:id:be-hempiness:20200408011720j:plain

www.yogashala-hama.com

 

また一説によると、マハー・シヴァラトリはシヴァがこの宇宙全体を暗闇から救い出し、さらに奥さんのパールバティと結婚した日、とも言われています。

 

Shiva Parvati - Navarathri Golu Dolls

インドの神様シヴァに捧げる神の草=大麻

マリファナはヒンドゥ教で神聖視されており

シヴァは別名【バーングの神様】とも呼ばれています。

 

なので、マハー・シヴァラトリは

マリファナのお団子、バーングを飲み

チャラスやハシシを詰めたチラムを吸い

ウィードを吸って

お祝いする日となっています。

be-hempiness.hatenablog.com

 

特にドレッド頭のサドゥたちが吸うチラムは、シヴァ信仰と強い結びつきがあります。

 

シヴァとカナビス

バラモン教ヒンドゥー教聖典で、紀元前1000年頃から紀元前500年頃にかけてインドで書かれた「ヴェーダ」にはカナビスのことがきちんと書かれており

 

カナビスは5つの神聖な植物のうちのひとつで

不安を和らげる効果がある

 

と明言されています。

伝統的にスピリチュアルや宗教的な目的で使われてきたのです。

 

こちらはインドのスピリチュアル・マスターサッドグルが説明する

 

マリファナは悟りを開く手助けになるか?

www.youtube.com

 

シヴァ神の二面性のあるキャラクター

シヴァはヒンドゥ教で大変崇拝されている神様の一人ですが

そのキャラクターは破壊神の名の通り、はちゃめちゃです。

 

シヴァのキャラクターは

  • 苦行・禁欲生活を送りながらも、家族を持っている
  • 美しくありつつも、恐ろしく
  • 激しいダンスを踊ることもあれば、瞑想的に静かに座っていることも
  • 神々がシヴァを崇拝しているが、同時に悪魔やネガティブなエナジーたちもシヴァに惹き付けられている
  • 緑豊かな森に住んでいるが、墓地で焼かれた死体の山の上で瞑想する

 Shiva and the cannabis

 

timesofindia.indiatimes.com


Shiva et Parvati sur le mont Kailasa (musée Guimet, Paris)

 

日本にもいるシヴァ神

日本の七福神のひとり、大黒天=マハーカーラはシヴァがモデル。

ヒンドゥ、チベット密教にも登場します。

Mahakala

 

インドの古代語、サンスクリット語では

マハー=偉大なる、大きな

カーラ=黒

という意味で、そのまま大黒天なんですよ。

ja.wikipedia.org

 

近所ではプラサードが配られます

また、この日の午前中は、プラサードと言ってシヴァにお供えした食べ物をお下がりとして調理し、近所に配ります。

 

炊き出しですね!

 

f:id:be-hempiness:20200408012705j:plain

 

こちらでは甘い牛乳粥(キール、パエッシュ)を配っていました。

美味しかった!

 

Sewiyan Kheer